ハッピーメール

ハッピーメールの位置情報機能(GPS機能)とは?安全面・危険性を徹底解説!

「ハッピーメールのGPS機能は安全なの?」

「ハッピーメールの位置情報機能を知りたい!」

 

ハッピーメールは、アプリ版のみ”位置情報機能”があります。

何気なく使っている人でも、この機能の有無で使い勝手が大きく変わります!

 

今回はハッピーメールの位置情報機能について解説するわよ!危険と感じる人もいると思うから、注意点も紹介するわね~!

よくわかる解説

位置情報機能は身バレの可能性あり

ハッピーレーダーは2019年現在廃止されている

ハッピーメールの位置情報機能は距離が表示される

過去の産物!ハッピーレーダーとは?

ハッピーメールには、ハッピーレーダーという機能がありました。

2016~2017年までにハッピーメールで導入されていた機能ですが、GPS機能を利用して近くのユーザーを表示するというものでした。

 

ガラケーからスマホに移行する人が増え始めた時期の、2010年以降から開始した機能です。

ハッピーレーダーとは、”地図上に会員の場所がわかる”というものであり、位置情報が完全にわかるというものでした。

 

それ危険すぎない!?笑 出会い系アプリでしょ!?笑

 

今考えると、かなり危険な機能ということがわかりますし、出先なら良いですが”自宅、会社”等で使うと、住所が身バレしてしまうというリスクがありました。

位置情報が不特定多数の人にバレてしまいますし、防犯上かなり欠点がある機能だったわけです。

 

ピンの位置については、多少正確さが書けるものの、半径100m以内には設置されていたようです。
(それだけでも位置情報が特定される可能性がありますよね…)

 

 

感覚で言うと、Tinderに似ていますね!

正確な位置情報は表示されませんが、距離が表示されるので実質同じようなものです。

 

ただ、ハッピーレーダーの場合は、ほとんど位置情報がバレてしまうということもあり、女性にはかなり不評だったそうです。

そのため、現在ではその機能が廃止され、普通の位置情報機能のみが残っています。

Web版に位置情報機能はある?

冒頭でも触れた通り、位置情報機能はアプリ版のみです。

Web版では、位置情報機能を使うことができないので、連動することはできないようになっています。

 

当サイトでも紹介している通り、メインで使うのはWeb版です。

 

関連記事>>ハッピーメールのアプリ版は使うべき?機能性・使い方を解説します!

 

位置情報機能を利用したいと思った場合は、アプリ版を利用しましょう。

使い方としては、下記の通りです。

 

1.アプリ版の並び替えで”距離が近い順”を選ぶ

2.上位50名に足跡をつける

3.Web版でつけた足跡を確認

4.業者っぽくない人にメッセージ

 

この手順を意識することができれば、問題ありません。

ハッピーレーダーはなくなりましたが、位置情報機能は健在なので、それぞれ気になるなら使ってみると良いでしょう。

アプリ版ハッピーメールにある位置情報機能!

ハッピーメールには、Web版とアプリ版がありますが、位置情報機能を利用することができるのは、アプリ版のみです!

実際に、位置情報機能を使う方法を解説していきますね!

 

まず、位置情報機能ですが、プロフィール検索画面の右上の時計マークから選択できます!

ここでは、プロフィールで表示されている順番を変更することが可能です!

 

 

このマークをタップすると、”ログイン順、会員登録順、距離が近い順”という並び替え条件が表示されます。

今回使用するのは、距離が近い順なので、それを選択して進めましょう。

 

 

距離が近い順を選択した時点で、GPS機能を使って近くにいるユーザーを見つけることができるわけですが、端末設定でGPSを許可している必要があります。

 

許可していないと、機能を利用できないから要注意よ!

 

端末設定については、使用しているデバイスによって異なります。

私の場合は、iOSを使っているので”設定”からハッピーメールを開けば、簡単にGPSを許可することができました。

 

 

マップ上で表示されるような、ハッピーレーダーはなくなったものの、アプリ版には位置情報機能が残っています!

使い方次第では、近くのユーザーと知り合えるきっかけになるので積極的に使用したいところですね!

位置情報がバレる危険性もあり!

ハッピーメールの位置情報検索は、プロフィール画面右上から簡単に設定することが可能。

同時に、写真表示にするのか詳細表示にするのか、選択することが可能です。

 

 

プロフィール画像が一覧で表示されるパターンと、詳細条件が表示されるパターンです。

写真表示の場合は問題ありませんが、詳細表示にするとお互いの位置情報がバレてしまいます。

 

 

距離が表示されていると思いますが、今回は半径800mの人が表示されていることがわかります。

当然、位置情報を許可していてより近い人がいれば、100mということもあるので注意したいところ。

 

 

半径800mとなると、このくらい狭いので、十分身バレする可能性が高いということですね。

 

近くのユーザーを見つけられるのはいいことですが、ここまでくると恐怖ですよね…

 

ハッピーレーダーのように、ピンがなくなったとはいえ、距離がバレてしまうと意味がありません。

防犯上の理由から、地図のピン止めがなくなりましたが、距離が近すぎると普通に身バレしてしまうので要注意!

 

ただ、相手があなたを見つけたということは、相手もハッピーメールをしているということになります。

身バレしたからといって、一方が不利になることはなさそうです。

アプリ版の位置情報はオフにしておくべき!

ハッピーメールの位置情報機能は、マップにピン止めされなくなっただけであり、位置情報がバレてしまう可能性があります。

そのため、自宅や会社にいる時は、位置情報を切っておくことをオススメします!

 

オン・オフの切り替えに関してですが、ハッピーメールのマイページから簡単に設定することが可能です。

 

 

しかし、若干手間がかかるのでもう少し簡単な方法を紹介します。

マイページを開いて、右上に注目すると位置情報のマークがあります。

 

 

現在、オンの表示になっているので、タップしてオフに切り替えましょう。

緑色からグレーに変われば、オフになっているということです。

 

 

オフにすると、位置情報機能を利用できなくなりますが、相手が位置情報を検索をしても表示されなくなるので安心です。

マイページの機能設定よりも、この設定のほうが簡単なので都度設定すると良いでしょう!

 

最初から面倒な人は、ずっとオフにしてもいいかもしれないわね!

位置情報機能があるアプリの使い方!

ハッピーメール以外にも、位置情報機能がある出会い系アプリは複数存在します。
(例:PCMAX、YYC等)

しかし、どれも設定する際には使い方と注意点を把握してから使うようにしないと、トラブルに遭いやすくなってしまいます。

 

位置情報機能を正しく使うためには、下記の使い方を意識しましょう。

 

外出中・出張先で使う

家から離れた場所で使う

 

特に、外出先でアプリを使う場合は、身バレの可能性が低いです。

家で使うと住所がバレてしまう可能性がありますが、外出先なら問題ありませんし、出張先なら尚更安心です!

 

確かに!近場で使用するのは危険だけど、身バレしない範囲なら大丈夫そうね!

 

ただ、即出会いたい人は”割り切り、援デリ業者”の可能性があるので、その辺はしっかり意識しておきたいものです。

トラブルに遭ってからでは意味がありませんし、会うまでにしっかり相手を見極めることが重要です!

まとめ:ハッピーメールの位置情報機能は使い時を考えよう!

ハッピーメールの位置情報機能について解説しましたが、ハッピーレーダー機能がなくなったものの、位置情報機能は健在です。

位置情報をオンにすると、近くにいるユーザーが表示されるのは事実ですが、並び替えで距離が表示されます。

 

 

かなり近い距離で表示されますし、場所によっては100m,200mと近くなることもあるので、注意したいところ!

身バレや住所特定等のトラブルも考えられるので、自宅や職場では位置情報を機能をオフにしておくことをオススメします!

 

特に女性は、身バレが怖いと思うのでしっかり設定しておきましょう!

 

仮に、位置情報機能を使って出会いを求める場合は、自宅や職場から離れた場所か、出張先等で使うことをオススメします。

使い終わったら、オフにしてアプリを閉じれば問題ありません。
(忘れっぽい人はオフのままにするのもありです)

 

使い勝手が良い機能ですが、使い方次第では悪用されることもある危険な機能なので、使う際は要注意です!

-ハッピーメール
-,

Copyright© 出会い系アプリWiki , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.