セックステクニック

風俗で性感染症になることはある?原因・対策を徹底解説!

「風俗で性感染しないためにはどうすればいい?」

「性感染したときの対処法を知りたい!」

 

風俗に通っている人ならわかると思いますが、一度は性病に感染したことがあると思います。
※定期的に通えば尚更

生でサービスをしてもらうと余計に感染してしまうので、自分から予防することが重要です。

 

今回は、風俗で性病感染しないための対策を解説しますね!かかる性病の種類も解説するので必見です!

結論

生ハメで感染することが多い

ゴム着をすれば感染しにくい

オーラルセックスでも感染する

そもそも風俗で感染する性病とは?

 

風俗通いや風俗で遊ぶ場合ですが、性病に感染するリスクをある程度把握しておかなければなりません。

具体的な症状については、後述しますが下記の性病が考えられます。

 

クラミジア

性器ヘルペス※男女問わず

梅毒

淋病

カンジダ症※女性が主

HIV感染

 

クラミジアや性器ヘルペスというのは、ペニスや膣に外的にできることから、見分けがつきます。

しかし、性病の中には感染したことに気付かないケースもあるので注意したいところ。

 

風俗でもらった病気を、彼女や嫁さんに無意識に感染させてしまう可能性があるということですね!

 

不特定多数の人とヤっている遊び人なら問題ありませんが、普段真面目で一人の女性としかセックスをしないようなタイプが、性病にかかったら間違いなく疑われます。

カンジダ症については、女性全員が菌を持っているので、体調によって発症することもありますが、それ以外の病気は性病の人とヤらない限りは発症しませんからね…笑

 

そのため、風俗で感染する恐れがあるような性病については、しっかり認識しておきましょう。

性病感染の恐れがある風俗店とは?

 

風俗店は多くの種類が存在しますが、性病にかかる可能性がある風俗とかかりにくい風俗があります。

しかし、生でサービスをしてもらうような風俗店は、どのお店も性病にかかるリスクを高めてしまうので、注意したいところです!

 

かかる可能性順で、ランク付けをするなら下記の通りになります。

 

★☆☆☆☆:手コキ専門風俗店

★★★☆☆:本番なしフェラ・素股ありの風俗店

★★★★★:本番あり風俗店

 

感染経路としては、口内・膣内に性病の菌がいて、体に入り込むのが原因です。

風俗嬢がしっかり洗浄していなかったりすると、かかるリスクを高めてしまうので注意したいところです。

★☆☆☆☆:手コキ専門風俗店

手コキを専門にしている風俗店というのは、基本的に性病にかかることはないといえるでしょう。

回春マッサージ・性感マッサージ等については、マッサージをするだけなので、オイルなどに菌が付いていない限りは感染しません。
※ほとんどあり得ません

 

特に、オナクラ・手コキ系の風俗店に関しては、感染経路が考えられないので、かかる可能性はゼロに等しいです。

 

 

手コキを専門にしている風俗店は非常に安いので、利用しやすいのも特徴の一つ。

基本的に、生でフェラをすることはなく、オプションで追加しなければなりません。

 

裏オプションでも、ゴムありセックスをすることになるので、性病にかかる可能性は極めて低いといえるでしょう。

さすがにないと思いますが、女の子のご厚意でフェラをしてきた場合は、ゴムを着用してもらうと良いです。

 

これが一番の予防策になりますが、それならオナニーで我慢しろって話ですよね…笑

 

女の子から抜いてもらいたいなら、仕方ありませんよ!笑

★★★☆☆:本番なしフェラ・素股ありの風俗店

デリヘルやヘルスではよくありますが、本番交渉が禁止されているところではフェラ・素股のみになります。

手コキに風俗店に関しては、生で接することがないので、感染経路がありません。

 

しかし、生のサービスがある風俗店に関しては、口内セックスをすることがあるので、性病にかかる可能性があります。
※生ハメセックスよりも可能性は低いですが…

風俗店を上げるなら、下記の通りです。

 

デリヘル

ピンサロ

ソープ

 

普通に営業しているような風俗店でも、性病にかかることはあるので注意しましょう。

大衆店・人気店に関しては、月一で性病検査を実施しており、病院の診断書を提出しないとシフトに入れないという厳しいお店もあります。

 

安定のサービスを受けられるので、そういうお店のほうが良いかもしれませんね!

 

フェラや素股で感染するとしたら、”ヘルペス、毛じらみ”等です。

HIV感染というのはほとんどありませんし、かかる性病はソフトなものが多いのが現状ですよ!

★★★★★:本番あり風俗店

 

こちらは、最も性病にかかるリスクが高いとされている風俗店です。

ソープにありがちですが、”NS、0mm"という広告をしている店舗は、生ハメ本番ありの風俗店になります。

 

ソープで言うなら高級店がありますし、デリヘルでも交渉次第では生ハメ本番を行うことができます。

生のセックスについては、紹介した性病にかかる可能性も高いので、リスクはかなり高めです。

 

生ハメセックスをするなら、覚悟の上でしなければなりませんね…

 

正直な話、生ハメ本番ができる風俗店でも、ゴム着はしたほうが良いです。

ご厚意でしてくれるのは良いですが、性病にかかってからでは遅いですからね…

風俗店で性病感染しないために出来る7つの対策!

基本的に、生でセックスするのは危険です!

オーラルセックスだけではなく、ディープキスをしてもヘルペス感染することがあるので、注意しましょう!

 

生セックス・アナルセックスとなると、余計に危険になるので要注意です!

性器だけではなく、口内にも性病菌が潜んでいる可能性があります。

 

少しでも性病にかからないためにも、7つの対策を解説します。

 

コンドームを着用する※最初の段階で

素股も控える

風俗嬢の体をチェックする

シフト表を見て判断する

性病管理が徹底しているお店を選ぶ

ネットの口コミで情報を確認する

風俗で行為が終了したらシャワーを徹底する

 

これらを徹底すれば、性感染症のリスクを極力減らすことが可能です。

一番重要なのは、ゴムをつけるということ。

 

ゴム着は、妊娠のリスクを低くするだけではなく、性感染症予防人もなりますからね!

コンドームを着用する※最初の段階で

 

セックスをするときは、必ずコンドームをつけるようにしましょう。

フェラをしてもらうときも、ゴムをつけてもらうか、避けたほうが確実です。

 

どの風俗店でも、生でフェラをすることが多いのですが、ピンサロに関しては多くの客を生フェラするので、性感染症のリスクが強まります。

性病になりたくないなら、”早漏だからゴム付けさせて”といってコンドーム着用を心がけましょう。

 

ちなみに、海外の風俗店を利用する場合は、高確率で性病を持っている可能性が高いので、生でのセックスは控えましょう。

海外の風俗は、日本に比べると性病管理が行き届いているわけではないので、性病菌を持っている可能性が非常に高いです。

 

そのため、海外風俗で生のセックスをするのは、絶対に控えましょう。

 

HIV感染の心配もありそうですし、注意したほうがよさそうですね…

 

日本でも、外国人の風俗店がありますが、状況次第では生のセックスが可能です。

しかし、色々な男性とセックスをしている可能性があるので、基本的にはゴムを着用するようにしましょう。

素股も控える

 

本番なしの風俗店では、素股をすることがありますが、これも性感染症のリスクを高めてしまうことになります。

挿入しなくても、粘膜をこすりつけて行うということもあって、性器ヘルペスや毛じらみ等の性感染が発生してしまうことがあります。

 

生での挿入はできませんし、ゴムありで挿入することはできないので、素股で妥協する人もいますが、実は性病にかかる可能性があるのです。

仮に、素股をしてもらいたいと思っているなら、風俗嬢に伝えてゴムを着用してもらうと良いでしょう。

 

こうすることで、粘膜同士の接着をなくすことができるので、性感染症のリスクも低くなります。

風俗嬢の体をチェックする

風俗嬢というのは、性病管理しているかどうかが店によって異なります。

性病でも、そのまま出勤させるような悪質なお店も存在するのが現状です。
※悪質なお店にありがち

 

しかし、欲望には勝てずに挿入したくなる気持ちもあると思います。

生ではなくても、ゴムで挿入することを許された場合は、風俗嬢の体をチェックしましょう。

 

オリモノが出ていないかどうか

膣が臭くないかどうか

 

この二つをチェックして、問題がなければ挿入しましょう。

いずれも性病の可能性があるので、上記の症状がみられた場合は、手コキやパイズリ等の、性感染症のリスクがないもので攻めてもらうことが重要です。

シフト表を見て判断する

自分が行こうとしている風俗店を見つけたら、おそらく指名する女の子を探すと思います。

あるいは、フリーで入ることもありますが、指名料が無料なら思わず指名してしまいますよね。

 

その中でも、特に気を付けたほうが良いのが、毎日出勤している女性です。

鬼出勤している女性に限って、多くのお客様と関係を持っているということになるので、性病を持っている可能性も高いのです。

 

それはさすがに気を付けたほうがよさそうですね…

 

人気のある子に限って、常勤していることがありますが、この場合も要注意です。

 

 

こちらのシフトは、私の地元にあるソープの一番人気のある女の子になります。

10時~23時まで常勤しており、フルタイムで出勤していることがわかります。

 

出勤する理由は様々ですが、こういう子に限ってお金に困っています。

シフトを入れない限りお金になりませんし、働くことができませんからね。

 

中には、交渉次第では生サービスをしてくれる人もいるみたいです。

お店からは禁止されていたとしても、それとは別にお金をもらって挿入してくれるという裏オプションのようなイメージ。

 

ゴムあり・生で値段が変わらないなら、気持ちいい生のセックスをすると思いますが、性病の感染率は上がるので注意したいところ。

相手から誘われたとしても、それに応じないことが重要です。

性病管理が徹底しているお店を選ぶ

「風俗 フリー画像」の画像検索結果

 

風俗店にもよりますが、お店によっては性病検査を徹底しているということを公表しているお店も存在します。

さらに、求人票もチェックしたいポイントであり、性病検査について書いていることがあります。

 

ソープは特に、性病検査を行っていることが多く、ピンサロ・デリヘルよりも圧倒的に性病にかかるリスクは少ないです。

さらに、挿入ありの高級店となると、毎月性病検査の結果を提出することを義務付けているところもあるほど。

 

うがい・イソジン消毒の徹底

手洗いの徹底(細菌予防)

プレイ後の膣内洗浄

生理休暇制度

性病検査を定期的に行う

 

高級店は、このくらい日常茶飯事で行っています。

格安店では、お店規模で行うことが難しいので、行っていないことが多いので挿入は危険です!

 

確実に防げるわけではありませんが、管理されているお店なら安心ですね!

 

軽い症状だといわれているヘルペスでも、かかった瞬間に出勤させないという店舗も少なくありません。

飛田新地や吉原のソープに関しては、お店に悪評が付かないためにも、性病管理を徹底しているお店が多いです。

 

 

左下に、”性病検査アリ”との表記がありますが、このマークにチェックが入っている店舗は安心できます。

安い風俗店ほど管理していない場所が多いので、挿入を検討しているなら高いお金を出して高級店に行ったほうがよさそうです!

ネットの口コミで情報を確認する

「パソコン フリー画像」の画像検索結果

 

風俗店の情報を知りたい場合は、性病に関する情報が多く表示されます。

「店舗名 口コミ」で調べると、店舗の口コミのほかに、5ちゃんねる等の掲示板も出てきます。

 

風俗系の情報サイトなら、”爆サイ”なんかが有名です。

実際に、性病を移された人の生の声を閲覧することができることから、かなり参考になりますよ!

 

 

「地域名 性病 爆サイ」で検索すると、ご当地の風俗性病情報が表示されます。笑

私の地元でも、多くの情報が表示されましたが、事前にこのような情報を仕入れることができれば、何かと参考になります。

 

有名な風俗店で、生ハメありのソープになると、店名で検索してスレッドがないかチェックしましょう!

性病の情報の他にも、女性から受けたサービス内容等も書かれており、本番行為禁止のお店でも、交渉次第では挿入させてくれたという情報もあります!

 

いずれにせよ、口コミは絶対に参考にしておきたいポイントですね!

風俗で行為が終了したらシャワーを徹底する

「シャワー フリー画像」の画像検索結果

 

これは、風俗店で遊んだ男性陣に実践してほしいことですが、遊んだ後は念入りにシャワーを浴びましょう。

シャワーをすることで、性病予防になるかというと不明ですが、行為後にシャワーで洗ってくれる風俗店は、性病にかかりにくいです。

 

デリヘルを呼んだときは、自分でシャワーを浴びる必要がありますが、高級ソープ店等では、基本的にサービス内容としてついている場合がほとんどです。

シャワーで洗浄してもらうと、性病に関係する菌を洗い流してくれるので、非常に効果的!

 

内部に侵入したものはどうしようもありませんが、それ以外は解消できそうですね!

 

毛じらみやヘルペスに関しては、外部の菌が原因なので、いい予防になります。

さらに、体の洗浄以外にも、うがいと歯磨きを心掛けましょう。

 

一見、ペニスだけが性病の影響を受けると思われていますが、口内にも性病ができることがあります。
(例:ヘルペス、カンジダ等)

プレイ中に、クンニやアナル舐めをした場合は、細菌が沸いている可能性があるので、洗い流すことをオススメします!

 

ピンサロが性病にかかりやすいといわれているのは、行為後の洗浄がしっかりできていないことが一番の理由です。

シャワーはありませんし、きれいにするといってもおしぼりでペニスを拭く程度です。

 

それで予防できるなら、苦労はしませんよね…笑

 

そのため、ピンサロに行ったあとは、ネカフェに行ってシャワーを浴びて流すか、自宅で早急にシャワーを浴びるようにしましょう。

薬用のボディーソープがあればなおよいので、帰りにドラッグストアによって購入すると良いですよ!

風俗で感染する可能性がある性病を7つ解説します!

風俗に行く前にできる性病の対策について解説しましたが、どれだけ対策してもかかるときはかかります。

中でも、特にかかる可能性がある性病について、それぞれ解説していきたいと思います!

 

クラミジア

梅毒

性器ヘルペス

淋病

カンジダ症

HIV感染

尖圭コンジローマ

 

主にかかりやすい性病といえば、この7つになります。

中には、死に至る可能性がある病気も存在するので、しっかり注意したいところです。

クラミジア

「ハンカチ噛んで全力で悔しがるサラリーマン」の写真[モデル:OZPA]

 

クラミジアは、風俗で最もかかりやすいといっても過言ではない性病です。

デリヘル・ピンサロでもらうことが多いこの性病は、排尿時に痛みを感じて症状を実感するケースがほとんどです。

 

痛みを感じなくても、ペニスに違和感を感じて発覚するケースがほとんどです。

クラミジアに関しては、潜伏してから発症するまでに、1~2週間程度は時間がかかるので、気づかないことも少なくありません。

 

男性の場合は、症状がそこまで重くないので、性病だと認識しない人もいるくらいです。

おもな症状としては、下記の通りです。

 

尿道がかゆくなる・違和感を感じる

包皮がかゆくなる

排尿時に痛みを感じるようになる

 

つまり、風俗に行った後に、生ハメなどをして股間に違和感を感じ始めたら、クラミジアの可能性があります。

稀に、睾丸に衝撃を与えたような痛みを感じることもあるようで、その場合は早期治療をオススメします!

 

とにかく、ペニスに違和感を感じたら即病院ですね!

 

男女問わず、クラミジアにかかることがあり、女性器が感染している場合は、そこから菌が繁殖して感染するのが一般的です。

挿入するときに、生挿入ではなくゴム挿入を推奨しているのは、クラミジア予防が大きくかかわっています。
※その他の性病も防止できますからね!

 

クラミジアの場合は、菌がある場所に接触した時点で発症してしまうので、シャワー等で念入りに洗えば予防可能です。

また、生のセックスだけではなく、口内にもクラミジア菌が繁殖している可能性があるので、ピンサロ等でフェラ抜きしてもらう際は要注意!

 

いずれも、ゴム着を心がければ未遂に済ませることができます。

梅毒

「梅星 フリー画像」の画像検索結果

 

梅毒は、最悪の場合死に至るケースがある性病の一つとして紹介することができます。

フランスでは、後述する淋病と梅毒が大流行して、数十万人以上の死者を出したという文献も残っているほど。

 

それはさすがに怖すぎますね…

 

現代医療では、完治することも可能ですが、症状によっては一生向き合い続けなければならない病気にもなります。

基本的には、性行為以外で発症することはなく、相手が梅毒の菌をもって細菌感染するのが一般的です。

 

症状は、”初期、中期、晩期”に分けられ、下記が目立ちます。

 

初期:ペニスに違和感は感じない、手のひらや足の裏に発疹ができる

中期:ペニスが痛み始める

晩期:皮膚・骨等に腫瘍ができる

 

放置しない限りは、晩期に至ることはありませんが、症状が重すぎる場合は治療ができない可能性もあるので要注意!

梅毒が、見た目が梅のように真っ赤に染まることから、その名前がついていますが、発疹が薔薇のようになることから、バラ疹と呼ばれることもあります。

 

梅毒の感染経路は様々ですが、基本的にはキスから繁殖することが多いです。

梅毒を持っている人が乳首舐めをした場合、そのあとにあなたも乳首をなめたら感染することもあります。

 

さらに、梅毒は定期的な性病検査で発症がわかるものであり、初期症状を気づかずに、いきなり中期になって気づくことがほとんどです。

風俗に通っている人で、梅毒を持っている人は多数存在するので、激安店などでキス・接触をする場合は要注意!

 

怪しいと感じたら、即病院に行って治療することが重要ですね!

性器ヘルペス

「突起 フリー画像」の画像検索結果

 

ヘルペスは、性器ヘルペスと口内ヘルペスによって分けられます。

一度かかってしまうと、一生治らない病気ともいわれており、墓場まで共にしなければなりません。

 

性器ヘルペスは、ヘルペス菌によって感染する性病のことを指し、性器に付着することで発症します。

症状が出るのは、表面ですが、実は骨盤付近の神経等にも潜伏しているのです。

 

発症したとしても、7割程度が症状を受けずに潜伏し続ける病気であり、体調が悪い時に発症する病気です。

具体的な症状は、ペニスが赤く腫れあがって痒み・痛みを伴います。

 

それはかなり残酷ですね…耐えられません…

 

中には、小さな水疱瘡のような発疹ができることもあります。

放置してしまうと、ペニスがすれて激痛を感じることがありますし、膀胱炎を誘発してしまうことも。

 

口内ヘルペスも同様に、唇付近が赤く腫れあがって痛みを伴います。

風俗でかかるとしたら、女性がヘルペス菌を持っていて、キス・挿入などをした場合でしょう。

 

さらに、ヘルペス菌というのは、先天性で持ち合わせている人もいて、性行為の経験がない人でも発症します。

ペニス・唇付近が赤く腫れあがったときは、早急に病院に行って診察を受けるようにしましょう!

 

早期治療が、悩みを改善する第一歩になりますからね!

淋病

「ウイルス フリー画像」の画像検索結果

 

淋病に関しては、死亡例がある危険な性病です。

こちらも、細菌感染の一種であり、”フェラ、挿入”等のセックス全般から感染することがあるので、注意したいところ。

 

淋病という細菌が、尿道付近に感染して発症します。

クラミジアと同様に、細菌に触れた時点で感染する可能性があり、性器だけに菌がいるとは限りません。
※唇、手、乳首にも潜んでいる可能性も

 

風俗で感染するとしたら、淋病に感染したお客のペニスを嬢がしゃぶるケースでしょう。

そして、淋病の菌を持った嬢が、オーラルセックスをして発症するのが一般的です。

 

フェラ以外にも、粘膜同士が接触することで、感染するのでディープキス等から感染することも少なくありません。

 

特に格安店では、その辺が行き届いていないので注意したいところです!

 

淋病に発症してしまうと、下記の症状が目立ちます。

 

排尿時の違和感・痛み

ペニスの痒み

尿道から膿が出る

 

初期症状の場合は、塗り薬・薬品投与で完治することがありますが、症状が進んでいる場合は、精巣まで細菌が繁殖することがあります。

最悪の場合、精巣がんや睾丸炎を引き起こしてしまうので、違和感を感じたらすぐ病院に行きましょう!

カンジダ症

「カビ フリー画像」の画像検索結果

 

カンジダ症は、カンジダ菌と呼ばれるカビが原因で発症します。

膣カンジダというと、聞きなじみがある人も少なくありません。

 

会陰から外陰部にかけて繁殖して、症状が出るのが一般的です。

カンジダ症は、性感染症の一種ですが、女性なら誰しもが持っている菌であり、自己感染がほとんど。

 

カンジダ症は、挿入・クンニ等でカンジダ菌が繁殖している女性器に接触した時点で、感染する可能性があります。

 

予防さえしておけばよいですが、そうはいきませんよね…

 

男性に移るとすれば、包皮にカンジダ菌が付着して繁殖するというケースが一般的。

ヘルス・ソープランド等で、クンニや挿入をした場合は、感染する可能性があるので要注意です!

 

一度発症したら、頻繁にかかることが多い病気ですが、目立った症状が出ないことがほとんど。

主な症状として挙げるなら、下記が考えられます。

 

亀頭が痒くなる

包皮が赤く腫れあがる

 

基本的にはこれらの二つの症状がメインですが、尿道炎・排尿痛を発症してしまうこともあります。

カンジダ症は、カビが繁殖することで発症するケースがほとんどなので、行為後に洗えば予防すること可能です!

 

包茎の人も発症しやすいみたいなので、予防しておきたいですね!

HIV感染

「HIV フリー画像」の画像検索結果

 

HIV感染は、性病について詳しく知らない人でも知っていると思います。

別名エイズと呼ぶこともあり、血液感染・体液感染が主流です。

 

HIVを含んだ感染者と性行為をした時点で、発症するリスクが高まります。

基本的に、風俗店にはHIV感染者は働けないようになっているのですが、格安店では事情を隠して働いている人も存在します。

 

死にかかわる病気なのに、その有様はひどいですね…

 

HIVの感染経路は、下記の通りです。

 

膣内の分泌液(マン汁)

母乳感染

血液

 

基本的に、体液が関係していますが、”尿・汗”といったものでは感染しないので、安心しましょう。

ソープランドで生本番をした場合は、発症する可能性が高いので注意したいところです。

 

HIV感染をした場合は、数週間以内に発熱や筋肉痛に悩むことになります。

潜伏期間が、5年から10年といわれており、発症していることに気付かない人も少なくありません。

 

HIVは、免疫機能を破壊していくので免疫力が低下してしまいます。

近年では、完治する病気ともいわれていますが、治療をしない場合は1~2年程度でお釈迦になってしまうこともあるようです…

 

男女問わず発症する可能性があるから、注意したいところね…

尖圭コンジローマ

「いちご フリー画像」の画像検索結果

 

尖圭コンジローマとは、男女ともに発症する可能性があるイボのような性病のことを指します。

基本的には、女性器・肛門等にできることが多く、白いとがったいぼができます。
※男性の場合は亀頭にできることが多いです

 

ウイルス感染をすることがほとんどであり、生セックスをしたときに、粘膜に菌が入り込んで感染することが主流です。

尖圭コンジローマは、潜伏期間が長く、感染から発症までに半年かかる人もいるようです。

 

特にかゆみや痛みを感じることもありませんし、自覚せずに気づかない人も少なくありません。

しかし、明らかに正常のペニスや膣にはできないような、白いブツブツができるので注意したいところ。

 

とにかく、イボがある女性とのセックスは避けるべきですね…

 

コンジローマは、比較的治療しやすい性病ともいわれていますが、再発率が高いとされている病気でもあります。

一度完治しても、体調が悪いと発症することがあるので、油断はできません。

補足:その他かかる性病まとめ

性病は、かかってしまった時点でセックスライフが憂鬱なものになってしまいます。

上記で紹介した性病以外にも、かかる可能性がある性病を紹介しておきます。

 

男性は、発症しても症状が軽いものが多く、現代の風俗では感染する可能性が低い性病です。

 

毛じらみ:陰毛にシラミが繁殖する、かゆみに襲われる

肝炎:C型・B型がある、生のセックスや血液感染で発症※最悪の場合肝臓がんに至る

トリコモナス:毛じらみと同様。タオル・便座等から感染する

雑菌性尿道円:女性器が傷ついている時に汚れた手で触ると感染

 

中でも感染するものとしたら、毛じらみとトリコモナスですね。

非常に厄介な性病ですし、発症したら即病院に行きたいところです。

まとめ

仮に、風俗で遊んだとして、ペニスに違和感があるときはまず病院に行きましょう。

風俗で発症する性病は多く存在しますし、予防したとしても、感染してしまうのが現状です。

 

変な症状が出た場合は、正直に病院(泌尿器科)に行って治療することをおすすめします!

HIV検査に関しては、保健所で無料で行うことが可能なので、それぞれ行うと良いでしょう。

 

早めの発見が、今後のセックスライフに大きく影響しますからね!

 

どういう症状があっても、違和感を感じたら病院に行ったほうが良いです。

性病だからといって、病院に行かないというのは愚かな行為です!

 

病院に行くのは恥ずかしいことではありませんし、痛い思いをして性病をこらえているほうが、恥ずかしいです。

少しでも、疑いがある場合は、早急に診察をオススメします!

-セックステクニック

Copyright© 出会い系アプリWiki , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.