総合

出会い系アプリにネカマはいる?実態・対処法を解説します!

「ネカマを見分けるにはどうしたらいい?」

「ネカマ被害に遭わないための対策を知りたい!」

 

ネットでは、”ネカマ”という言葉があり、異性に偽ってアカウントを登録している人のことを指します。

出会い系アプリで言うと、”女性に成りすましてやり取りしている”人がこれに回答します。

 

”ネカマに騙された”という人も少なくなく、様々な目的で登録している人が多いので、非常に厄介です。
(例:キャッシュバック、勧誘詐欺)

 

今回は、出会い系アプリのネカマについて解説するわよ!見分ける方法を徹底解説するから必見ね!

よくわかる解説

ネカマはどの出会い系アプリにもいる

なりすまし行為は禁止されている

見つけたら即通報する

ネカマの存在とは?

出会い系アプリにはネカマが高確率で存在しますが、サクラと勘違いしている人がいます。

結論から言うと、出会い系アプリにはサクラは存在しません。

 

サクラ:運営が雇った業者のことを指す

ネカマ:女性に成りすました男性がやり取りすること

 

当サイトで紹介している出会い系アプリは、優良アプリばかりなのでサクラはいません。

運営がサクラを雇う必要はありませんし、出会い系アプリ自体の評価も低くなるのでリスクも高いです。

 

確かに!運営にとってメリットがなくなるわよね!

 

出会い系アプリにもよりますが、世間で”完全無料アプリ”といわれているようなものは、ネカマが大量発生しています。

ロボットが自動的に返信するということもあり、脈絡のない文章を送ってくる場合も。

 

この様な出会い系アプリがサクラ・ネカマを使う理由は明確で、女性が登録している風に見せかけて、男性を登録させようとしているのです。

女性を集めるためには、広告費などもかかりますし、弱小サイトではそういうことをする余裕がないため、サクラで水増ししているわけです。

 

あまりにも悪質ですね…純粋に登録した人がかわいそう…

 

基本的に、サクラ・ネカマがいる出会い系アプリというのは、会員をだましているということに変わりはありません。

利用しても出会いに発展することはありませんし、利用しないようにしましょう。

ネカマが多い出会い系アプリの特徴

ネカマが多い出会い系アプリの中で、最大の特徴として挙げられるのは登録した時点で相当数のメッセージが届くことでしょう。

プロフィールも何も入力していない状態で、女性からメッセージが来たら要注意です!

 

 

こちらは、ハッピーメールに届いたメールですが、プロフィールを入力していない状態でも、このようなメッセージが来ます。

ハッピーメールはネカマが多いというわけではありませんが、たまに業者メールが届くので注意しましょう。

 

仮に相手が素人の女性だったら、何も情報がない人にメッセージは送らないわよね!

 

ネカマの目的は様々であり、下記が主に挙げられます。

 

キャッシュバッカー

勧誘詐欺目的

架空請求

 

基本的にはキャッシュバッカーか勧誘詐欺が主流であり、別サイトに誘導させてきます。

キャッシュバッカーの場合は、普通にやり取りしていても、連絡先交換の話を持ち掛けた途端に冷たくなります。

 

その後、稼げないと判断してから音信不通になるのが主流です。

ここで連絡先を交換してくれたら、少なくとも素人の女性であるという信用性が増します。

 

 

この様に、ラインに移動した途端に勧誘メッセージを送ってくることもあります。

最初から勧誘目的で近づいてくるのが特徴であり、数通で連絡先交換を持ち掛けてきます。

 

これならすぐわかりそうね!露骨に連絡先を聞いてきたらネカマだと思ったほうがよさそう!

 

ハッピーメールやPCMAXの優良アプリでも、サクラ・ネカマが多いといわれるのは、一部ユーザーにこの様な行為を行っている人がいるからです。

出会い系アプリ初心者で、何も知らない人からすると、登録したとたんに変なメールが届いたらやる気がなくなりますよね。

 

会えずにそのまま退会してしまうということも多く、そういう人が”サクラしかいない”という口コミを書いているのです。

正しい使い方や見分け方を知っていれば、解決できる問題です。

ネカマ・業者は何が違う?

ネカマと業者の違いですが、大枠で見ればネカマも業者に分類されます。

男性が女性として偽って登録している場合なので、業者の種類が限られるというのが正しいです。

 

業者の目的は、主に下記の通りが挙げられます。

 

援デリ業者

勧誘詐欺

架空請求

キャッシュバッカー

 

どれもネカマがする行為であり、特に”勧誘詐欺・援デリ”に関しては目立って行われています。

勧誘詐欺は前述したように、いきなりラインを聞いてきて、移動後に詐欺URLを送ってくるというパターンです。

 

最も主流なネカマ行為なので、勧誘URLを送られてきた場合は開かずに、ブロックするようにしましょう。

次に、援デリ業者ですが、こちらは女性が単身で行っている可能性もあります。

 

援デリ業者とは、素人に成りすまして、会うときに金銭交渉をしてエッチをするというもの。

割り切りとは違い、ソープ嬢等の風俗嬢が行っていることがほとんどで、店側とグルになっています。

 

お店側が女の子をあっせんするわけですから、ボーイやスタッフが女の子に成りすまして、ネカマとしてやり取りを持ちかけることもあります。

 

かなり悪質ですね!お金を払って会うのもどうかと思いますが…

 

業者とサクラは明確な違いがありますが、ネカマと業者は特に大差ありません。

業者の中に”ネカマ”という部類がいるだけであり、健全な運営をしている出会い系アプリでも必ず紛れ込んでしまいます。

 

理由は様々ですが、誰でも登録することができ、本人確認をする際もクレジットカードで登録してしまえば、正直分かりません。

援デリ業者の場合は交渉をしてくるのでわかりますが、キャッシュバッカーは普通にやり取りできるので、見分けがつかないのが現状です。
※数年利用している私でもいまだに引っかかります

ネカマの見分け方を徹底解説します!

”出会い系アプリには業者しかいない””ネカマがいて困っている”という口コミもあり、怖くて利用できないという人がいると思います。

確かに、純粋に出会うことができないような出会い系アプリなら、登録するのも少し考えてしまいますよね。

 

出会えるならいいけど、出会えないなら意味がないわよね…

 

こういう口コミのほとんどは、がっつり出会い系アプリを利用しているということはなく、多少利用しただけで書いています。

大手の出会い系アプリに限って、15年以上の運営歴があるので、ユーザーとの信頼関係の下成り立っているのです。

 

そこで、今回はネカマの見分け方について解説していきます。

主なネカマの特徴として挙げられるのは、下記の通り。

 

外部サイトに誘導する

ライン・メルアド交換を持ち掛けてくる

エロい内容のメッセージ

素人とは思えない容姿レベル

PCで利用している

 

仮に、このような特徴がある女性に遭遇してしまった場合は、連絡先交換をするのはやめましょう。

トラブルに遭うだけですし、やり取りしたところで生産性はありませんよ!

外部サイトに誘導する

ネカマの特徴として挙げられるのは、外部サイトへ誘導するというパターンです。

近年出会い系アプリの規制も厳しくなって、直接メッセージ画面にURLを張るのは禁止されています。

 

 

こちらは、PCMAXのメッセージ画面になりますが、メッセージに”http"というものが含まれていると、送信できないようなシステムになっています。

頭文字を抜いて送る人もいますが、運営がURLと判断した場合は、その時点でアカウントが停止する可能性も。

 

ネカマにとって、相手を怪しいサイトに誘導させて、ポイントを搾取するというのが一番効果的です。

しかし、直接誘導することができないので、いったんライン・メルアドといった連絡先を交換したのちに、URLを送るという流れになっています。
※特にメルアドを交換してきたら要注意

ライン・メルアド交換を持ち掛けてくる

URLを直接出会い系アプリで送ってしまうと、強制退会させられる可能性があるので、まずは連絡先交換をしてきます。

強制退会になると、同じIPでは登録することができなくなるので、業者としてもかなり動きにくい状況になってしまいますからね。

 

そこで、ライン・メルアドを交換して、予防線を張っておくというのがネカマの特徴です。

悪質なのは、交換したラインやメルアドを別の業者に横流しするというタイプも存在します。

 

キャッシュバッカーなどは、連絡先を交換しませんが、このタイプのネカマは積極的に交換を持ち掛けてきます。

 

 

実際に、ネカマから来たメッセージですが、明らかに女性が作った文章には思えません。

このご時世20歳前半で、このような言葉遣いはしませんし、顔文字も古すぎるので”おじさん”でしかありません。

 

出会い系アプリ上で勧誘ができないとなると、目立った活動ができるのは連絡先を交換してから。

ネカマの場合は、とにかくURLに誘導して詐欺行為をすることが目的です。

 

普通の女性なら、相手の情報を何も知らないのに連絡先を教えるということはありません。

 

警戒心が強くないとしても、プライベートでも使うので気軽に教えたくありませんよね…

 

そのため、警戒心なく相手が連絡先交換を持ち掛けてきた場合は、ネカマの可能性があるので相手にしないようにしましょう。

エロい内容のメッセージ

出会い系アプリを利用していると、露骨にエロい写真やメッセージを送ってくる人がいます。

プロフィールでもありますが、男性が興奮するようなエロいプロフィールを作って、メッセージを送らせるというパターンです。

 

具体的に説明すると、下記の通りです。

 

スリーサイズの記載がある

谷間などを強調した写真

エロ写メの投稿

下着・水着での写真

 

これらの特徴があれば、大半がネカマです。

あるいは、男性を釣ろうとしている冷やかしでしょう。

 

普通の女の子なら、恥ずかしくて載せないわよ!

 

スリーサイズを書いている人は、援デリ業者の可能性が濃厚です。

風俗店に記載しているスリーサイズをそのまま持ってきており、それをもとにネカマが交渉をするという流れが主流です。

 

 

プロフィールを見て、明らかにエロそうなタイプは高確率でネカマです。

ネカマではなくても、パパ活やキャッシュバッカーの可能性も考えられるので、要注意です!

素人とは思えない容姿レベル

出会い系アプリを利用していると、明らかに美人でかわいい人と遭遇することがあります。

確かに、出会い系アプリを利用していればかわいい子と知り合うこともありますが、確率はそう高くありません。

 

むしろゼロに近いほどであり、モデルレベルの容姿の場合は高確率でネカマの可能性が高いです。

ネカマも、普通レベルの女の子よりも、容姿が優れている人のほうが釣れると思っているので、写真を設定しているわけです。

 

稀にかわいい子や美人もいるから、全員がそうとは限らないわよね!

 

しかし一般常識から考えればわかりますが、容姿レベルが高い人は、出会い系アプリを利用しなくても出会いは見つかります。

リアルで出会いがあるので、わざわざ出会い系アプリを利用する必要はありません。

 

やり取りしようとしている相手が、モデル級にかわいい場合は、ネカマ要素が非常に強いので相手にしないのが一番の対策です。

PCで利用している

出会い系アプリは様々な端末で利用することができますが、その中でも特に注目したいのが、PCです。

使用端末が、PCとなっている場合は、高確率でネカマの可能性があるので、相手にしないのが一番です。

 

どの出会い系アプリでも共通していることですが、スマホが主流な時代でPCで出会い系アプリを利用すること自体少数派だからです。

素人の女性は、アプリ版を使うかスマホで利用しているかのどちらかです。

 

 

この様に、使用端末でPCとなっている場合は、相手にしないようにしましょう。

出会い系アプリでは、検索条件で”PC以外”と検索できるので、詳細検索の際にPCを除外してから検索すると、効率的です。

 

この検索条件なら、PCで利用している人は表示されなくなります。

その他、業者を判別したい場合は下記のページで詳しく解説しています。

 

関連記事>>出会い系アプリに存在する業者の特徴と対処法を徹底解説!

キャッシュバッカーとネカマの関わりは?

キャッシュバッカーとは、キャッシュバック制度を悪用している悪質な業者のことを指します。

相手にしてもトラブルになるだけなので、あまりオススメしません。

 

関連記事>>出会い系アプリにいるキャッシュバッカーとは何か徹底解説します!

 

詳しい内容は上記で解説していますが、キャッシュバッカーは大きく分けて二つの種類に分類されます。

 

女性が登録しているパターン

男性が女性に成りすましているパターン

 

男性とメールをすることで、マイレージポイントがたまり現金還元できるというシステムなので、お小遣い稼ぎでしている女性も少なくありません。

しかし、性別を偽って女性として登録して、男性でも同様にお小遣い稼ぎとして行っている人もいます。

 

本来は、サービス活性化の目的で行われたのに、こういう悪質なことに使われているのは残念ですね…

 

優良アプリといわれている出会い系アプリでは、基本的に導入されている制度です。

この制度があることで、女性も積極的に返信するようになりますし、効率的。

 

運営が雇っているわけではなく、登録しているユーザーが自発的に行っているので、サクラという部類には入りません。

ちなみに、還元率に関してですが下記の通りになっています。

 

PCMAX:10円相当

ワクワクメール:15円相当

ハッピーメール:2円相当

※メッセージ1通当たりの料金

 

ハッピーメールは、かなり抑えめでありメールを受信して送信しても4円しかキャッシュバックされません。

しかし、”写真閲覧、評価、コメント”などでもキャッシュバックするので、そちらで稼いでいる人も少なくないです。
※拾い画等で行っている人もいます

 

さらに、掲示板投稿からメッセージを送ってきた場合は、追加で3~5円程度のキャッシュバックがもらえるので、掲示板投稿をしている人も要注意です。

アダルトな投稿内容で、露骨にメールを促すようなものなら、高確率で業者ですからね。

 

普通の女性なら、アダルトな投稿はしないわよね…

 

極めつけは、ライン交換に応じないというものです。

キャッシュバッカーは、ライン交換をしてしまうと、キャッシュバックされなくなってしまいます。

 

そのため、様々な理由をつけて連絡先交換を断ってくるのです。
(例:まだ早い、もっと仲良くなってから等)

そのため、10通程度メッセージを送って、連絡先交換を断ってきた場合は、高確率で業者だと思いましょう。

まとめ

出会い系アプリには、ネカマが存在します。

これは優良出会い系アプリの、PCMAXやハッピーメールでも同様であり、ユーザーの管理ができていないことが原因です。

 

運営が雇っているようなサクラは一切存在しませんが、キャッシュバッカーや業者が存在するので注意したいところ。

その中でも、ネカマはかなり悪質であり、女性に成りすまして利用しているので、仲良くなったとしても会えることはありません。
※援デリ業者は別

 

男性の気持ちを踏みにじった最悪な行為よね!

 

しかし、異性に成りすますという行為は、様々な出会い系アプリで禁止されており、発覚した時点で強制退会になります。

紹介した、ネカマの特徴をしっかり把握しながら、特徴を見抜けば問題ありませんよ!

-総合

Copyright© 出会い系アプリWiki , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.