せっかく使うなら会いたいよね!?使い方と実体を暴露!

出会い系アプリWiki

総合

出会い系アプリにいるキャッシュバッカーとは何か徹底解説します!

「キャッシュバッカーはどういう人物?」

「キャッシュバッカーを見分ける方法を知りたい!」

 

出会い系アプリを利用していると、多くの業者に遭遇することがあります。

その中でも、特に悪質極まりないのが”キャッシュバッカー”です。

 

会う気は一切なく、出会い系アプリのキャッシュバック機能を悪用して、お小遣い稼ぎ目的で登録している人のことを指します。

 

今回は、出会い系アプリにいるキャッシュバッカーの概要を説明するわよ!見分け方も解説するから必見ね!

 

よくわかる解説

素人が扮しているから見分けにくい

わざと会う約束をしてくることもある

早い段階で業者と判断することが重要

キャッシュバッカーとはどういう存在?

キャッシュバッカーですが、本来は運営が女性会員を増やすという目的で、生まれたコンテンツになります。

やり取りをしたり、掲示板にアクションされたりすることで、一定数のポイントがバックするというシステム。

 

その機能を悪用しているのが、キャッシュバッカーというわけね…

 

出会い系アプリは、男性会員のほうが多く、女性会員が少ないというのが現状です。

 

 

ハッピーメールが公開しているデータですが、公式情報では7:3の割合で男性会員がいるとされています。

2,000万人以上が登録しているハッピーメールでは、女性会員がわずか600万人しかいないということになります。

 

そこで、女性会員を増やす目的で、運営がキャッシュバック制度を導入したことからキャッシュバッカーが誕生したのです。

 

キャッシュバック制度のメリット

やり取りをするだけでポイントがたまる

商品・現金と交換できる

 

運営が考えていたのは、”理想の人と会えてお金ももらえるシステム”でしたが、現状キャッシュバック制度だけをピンポイントで使う人が増えています。

それらのユーザーのことを、キャッシュバッカーと呼ぶわけです。

 

マイル・ポイントとして貯めたものは、商品・現金と交換することが可能で、どの出会い系アプリでも導入されています。

この機能が悪用されている現状から、会わない目的でのアプリ利用というのは、禁止されているところも多いです。

 

禁止しないと、キャッシュバッカーしかいないアプリになりますからね…

 

ちなみに、Twitterでは実際にキャッシュバッカーをしている人のつぶやきを閲覧することができます。

 

 

Twitterでは、キャッシュバッカーのことをメールレディの総称のメルレを使って募集されています。

女性によって異なりますが、人によっては1日に数千円稼ぐ人もいるようで、お小遣い稼ぎでする人がいるのが理解できますね…

 

この様なタイプは、やり取りをしたところで出会いに発展することは一切ありません。

連絡先を交換した時点で、キャッシュバック制度を受けることができなくなるからです。

 

連絡先交換を持ち掛けたとしても、”仲良くなってからお願いします”といわれて断られることがほとんど。

何を理由に誘っても断ってくるので、そのようなタイプは間違いなくキャッシュバッカーと判断してよいでしょう。

 

やり取りするだけ無駄だし、ポイントを搾取されるだけよ!

 

ただ、キャッシュバッカーは、素人が行っているということもあって、見分けがつかないことがあります。

普通の女性として近づいてくるので、数年以上出会い系アプリを利用している私でも引っかかります。

 

しかし、見分け方がわかれば、被害に遭う可能性も少なくなるので、安心しましょう。

そもそも何故キャッシュバック制度が生まれた?

キャッシュバッカーは、お小遣い稼ぎとして行っている人が多いです。

現在では、会う気は一切なくキャッシュバック制度だけを悪用する人がほとんどですが、当初は違いました。

 

運営も下記の目的で、キャッシュバック制度をしたのです。

 

キャッシュバック制度が生まれたきっかけ

女性会員を増やす目的

パケット代を減らす(ガラケー時代の名残)

 

この二つの理由がきっかけですが、残念なことに今では悪用されています。

女性会員を増やす目的

まず、冒頭でも触れましたが、出会い系アプリは男性会員のほうが多く女性会員は少ないです。

当初は男性会員も無料だったアプリも多いですが、男性会員が著しく増え始めたということもあって、有料になりました。

 

しかし、女性会員も有料にすると、いよいよ登録する人がいなくなるので、無料のまま継続。

それでも、女性の会員数は増えないということもあって、女性にメリットがある形で運営が取り組みを行ったのです。

 

利用料無料

キャッシュバック制度

 

これらを導入することで、少しでも女性会員が登録しやすい環境づくりをしました。

現在も男性会員のほうが多いですが、昔に比べると比率はだいぶ良くなったほうです。

 

昔は、9:1の確率で男性会員がいたともいわれているわ!

 

会員数が多ければ問題ありませんが、1万人程度の会員しかいない小規模サイトが、9:1の割合で男性会員がいる場合、女性会員はわずか1,000人しかいないことになります。

それでは、出会いが均等になりませんし、業者トラブルが頻発するのも理解できますね。

パケット代を減らす(ガラケー時代の名残)

 

これは、スマホ時代の現在は関係ないことですが、キャッシュバック制度は、ガラケー時代の名残でもあります。

パケ放題に登録していない限り、ガラケーを利用している人はパケット代金がかかっていました。

 

サイトを利用すると、パケット代金が別途発生するので、利用を控えるという女性も少なくなかったのです。
(男性会員は頻繁に利用するので大半がパケ放題でした)

そこで、現在のキャッシュバック制度の前身となるのが”パケット代金負担サービス”です。

 

女性会員を増やす代わりに、サイトを利用するとパケット代金をキャッシュバックしてくれるというサービスになります。

発生した分のキャッシュバックと、余分にやり取りした分のキャッシュバックをするので、実質お得になるわけです。

 

その名残が、今のキャッシュバック制度としてのこっているわけですね!

 

現在は、月々の通信料を携帯会社に支払っているので、別途料金が発生することはありません。

しかし、キャッシュバック制度の前身は”パケット代金負担サービス”なので、女性とってメリットがある制度として生まれたのです。

 

それが悪用されているとなると、運営も本望ではないと思います。

キャッシュバッカーの実態を徹底暴露

キャッシュバック制度は、運営にとっても女性にとってもメリットがあるシステムです。※本来は

しかし、現在ではキャッシュバック制度だけを悪用する人が増えたので、使い勝手が悪いサービスになったというのは事実。

 

このシステムだけを悪用すると、月数万円の利益を獲得することができ、お小遣い稼ぎの温床になってしまうのです。

 

 

実際、ハッピーメールでキャッシュバッカーをしている人のつぶやきですが、マイルが約10,000円たまり交換したという証拠です。

”メルレ垢”というくらいですし、男性と会っている素振りは一切なく、単にやり取りしているだけでした。

 

こういう女がいるから、本気で出会いたい男性が損するのよね!

 

仮に、キャッシュバッカーに遭遇してしまうと、デメリットしか生じないのでオススメしません。

ただ、これでも制度が改訂された後であり、制度発足当時は、メール1通当たり数百円がキャッシュバックされていたといわれています。

 

現在では、1通やり取りをしても5~10円程度。

微々たる料金しかキャッシュバックされませんが、システムを悪用してアプリを利用している人がいるのは事実です。

 

ハッピーメールの還元率

メール受信:1円

メール送信:2円

メール返信:2円

いいねされる:20円

アダルト画像の評価:最大20円

アダルト動画の評価:最大30円

 

実際に、ハッピーメールでキャッシュバッカーをしている人から聞きましたが、このような相場になっているとのこと。

仮に、メールを受信して返信しただけで、5円のマイルがたまります。

 

100人とやり取りした時点で、500円たまるということを考えると、お小遣い稼ぎをする人がいるのも理解できます。

さらに、アダルト画像・動画を評価されると、最大で30円もらえます。

 

テキトーなアダルト動画を拾って投稿して、アクションを起こされればキャッシュバックするというわけです。

 

これだけでいかに悪質なのかということがわかるわね…

 

男性がアクションを起こさなければいい話ですが、実際問題そうはいかないのが現状です。

キャッシュバッカーの特徴・手口を解説します!

出会い系アプリは、どれもキャッシュバック制度を導入しているので、キャッシュバッカーが存在します。

お小遣い稼ぎで登録している人がほとんどですが、中には本気で利用して数十万円稼いでいる人もいるそうです。

 

被害に遭わないためには、特徴と手口を事前に把握しておく必要があります。

 

目立った手口

中身がない短文返信

連絡先交換に応じない

会う約束を持ち掛ける

 

いずれも、該当した場合は、キャッシュバッカーの可能性が高いです。

特に、中身がない返信をしてくる人は多く、興味がなさそうなアクションを起こしてくる場合は、高確率でキャッシュバッカーと判断してよいでしょう。

中身がない短文返信

これは、キャッシュバッカーによくある手口ですが、中身のない返信をしてくるという点です。

基本的な稼ぎ方は、メッセージのやり取りをするか、エッチな写真を投稿するかになります。

 

大半が前者であり、ハッピーメールを例に挙げると1日に200通やり取りをすれば1,000円稼ぐことができます。

ハッピーメールは還元率が低いので、メインで使っている人は少ないですが、アプリによっては1通20円程獲得できる場合もあるのです。

 

 

実際にハッピーメールでやり取りした人のメッセージですが、単語だけ送って話を発展させる気がありません。

ポイントを稼ぐためには、細切れで送ってメッセージをしたほうが、効率的ですからね。

 

興味がないなら返信することすらしないですからね!

 

この場合はまだ良心的で、趣味があるかどうかという質問に答えています。

人によっては、つじつまが合わない返信を送って、わざとメッセージ数を稼ぐという人もいるようです。

 

 

女性によっては、このように連投でメッセージを送ってきて、返信を誘発するようなタイプも存在します。

一方的に送る場合は、ポイントが発生しないので意味がありませんが、エッチなメッセージを送って返信させるという手口も存在します。

 

下ネタを送ってくる女性は、キャッシュバッカー以外にも詐欺業者可能性が高いので、やり取りせずに無視することが重要です。

変な業者に引っかからないためにも、相手を見極めるようにしましょう。

連絡先交換に応じない

キャッシュバッカーは、基本的に連絡先交換に応じないので、早い段階で連絡先交換を持ちかけてみましょう。

普通の女性との連絡先交換の目安は、10通程度なので、聞いてみると効果的です。

 

 

PCMAXの女性にメッセージした結果ですが、返信の時点でこの様子。

しかし、身の潔白を証明するために、いたずらではないことを説明しました。

 

そのあと数通やり取りして、ライン交換を持ち掛けてみました。

おそらく、この時点で10通ほどやり取りしたのですが、下記のメッセージが届きます。

 

 

相当警戒している人と捉えることもできますが、この時点で若干怪しかったです。

早い段階で教えてほしかったので、再度催促するメッセージを送りました。

 

 

すると、またこのようなメッセージが来て、露骨な返信数稼ぎということが分かったので、連絡は切りました。

 

典型的なキャッシュバッカーの手口だし、連絡先を教えないのは怪しいわね…

 

他にも、”もう少しメールしてから””仲良くなってからにしましょう”といって、持ち掛けてくる人も少なくありません。

段階を踏まずに交換すると、素人の女性でもこの様に断ってくるので、正直分かりませんよね。

 

しかし、短文での返信や、露骨な返信数稼ぎだと判断できるメッセージを送ってきた場合は、キャッシュバッカーだと思いましょう。

どれだけ交換を持ち掛けても応じない人は、10通でも20通でもやり取りしても教えてくれません。

 

単にやり取りをするということに重点を置いているので、早い段階で切って別の人を見つけるようにしましょう。

会う約束を持ち掛ける

 

近年増加している、キャッシュバッカーの手口ですが、”会う約束をする”というものです。

しかし、約束をしても連絡先を交換することはなく、かたくなに出会い系アプリでのやり取りを持ち掛けてきます。

 

好意を見せて近づいて、会う約束をしてくるのでかなり厄介な存在です。

気になる女性とやり取りして、相手から会う約束をされたら断らないほうがおかしいと思います。

 

特に初心者なら、本当のお誘いだと思って応じそうね…

 

私が、出会い系アプリのテクニックで”会う前に連絡先を交換しましょう”というのは、これも関係しています。

連絡先を交換しておけば、最悪割り切り被害でとどめることができ、会う段階まで行くことが可能です。

 

しかし、相手がキャッシュバッカーの場合は、会うことすらできませんし、ポイントも無駄になります。

では、なぜわざわざ会う約束を取り付けてくるのかということですが、返信数を稼げるからです。

 

会う前:10~20通のやり取り

会う約束:5通程度

会う約束をしてから会うまで:30~40通程度

会う当日:10~20通程度

 

このフローを繰り返すだけで、相当なポイントがキャッシュバックします。

80~100通はやり取りすることができるので、表面上会う約束をして、当日ドタキャンをするという手法を使うのです。

 

出会い系アプリでドタキャンされることはありますが、連絡先を交換している場合は可能性も減ります。

それでもされた場合は、単純に面倒だと思われたパターンでしょう。

 

自分から会いたいと言っても、断る人は結構多いわよね!

 

連絡先を交換していない場合は、ポイントだけ消費して出会えないということもあり得ます。

これが月額制なら問題ありませんが、ポイント制の場合は料金がかさんでしまうのです。

まとめ

キャッシュバッカーについて解説しましたが、正直のどのアプリにも存在するので、注意したいところです。

キャッシュバック制度は、女性にとってメリットがある制度である反面、男性が損してしまう可能性が高い行為。

 

それに、キャッシュバッカーは、素人がやり取りをしていることがほとんどであり、初心者は見分けにくいのです。

実際、初心者ではなくても見分けにくいですし、数年以上アプリを利用している私ですら、たまに引っかかります。

 

男性の善意に付け込んだ悪質なタイプよね

 

しかし、キャッシュバック制度目的で利用する人は、見つけ次第ブロックしたり、単価を落としたりといった対策を、運営は行っています。

そのため、以前に比べるとキャッシュバッカーの数は減少傾向にあるので、安心して利用できるでしょう。

 

被害に遭遇する前に、相手をキャッシュバッカーかどうか判断して、やり取りを停止するのが一番の対策と言えます!

 

安心安全のアプリランキングは、こちらからどうぞ!

 

関連記事>>オススメ出会い系アプリランキング!あなたに合ったアプリはどれ?!

-総合
-,

Copyright© 出会い系アプリWiki , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.